花図鑑

ベアグラス

ユリ科/クセロフィルム属

原産地

日本

出回り時期

オールシーズン

花言葉

物静か
いつものままでいてください

豆知識

ベアグラスは流通名で、別名は伊豆七島の大島産のカンゲという意味から「オオシマカンスゲ(大島寒管)」、または「シマカンスゲ(縞寒管)ハチジョウカンスゲ(八丈寒管)」とも呼ばれます。 またベアは「耐える」という意味で、寒さや刈り込みに耐えることからとされています。
葉の中心が黄色で、しだいに白っぽくなり、春先は特に美しく、細い線状の葉は、しなやかで艶があります。和洋どちらにもよく合い、庭のアプローチ沿いに植えたり、寄せ植えの材料に利用したり、グラウンドカバーにもよく用いられます。
またベアグラスは、昔から乾燥させた葉を「かご」や「みの」などの材料として利用してきました。

PAGE TOP