花図鑑

ストック

アブラナ科/マッティオラ属
ストック

原産地

南ヨーロッパ

出回り時期

10~4月

花言葉

愛の絆
豊かな愛
永遠の恋
求愛

豆知識

名前のストックは英語で「幹」や「茎」の意味で、花の茎がまっすぐ伸びて、長いことに由来しています。英語では、テンウィークストック(10週間 保つ花)と呼ばれていて、長い間楽しめる花として知られています。
ストックの花束には、「私の最も大切な友」という意味が込められているので、恋の花束として、とても人気があります。
古くはギリシャで、薬用として利用されてきた、歴史があり、日本に渡ってきたのは、1668年。大正時代になると本格的に栽培がスタートしました。
ストックの香りは、頭をスッキリさせる効果があると言われています。

PAGE TOP